東京国際ビジネスカレッジ公式ウェブサイト

学校説明会・資料請求

2018年7月4日水曜日

国際貿易コース2年生対象イベント さいたま造幣局・スーパーアリーナ見学




201872日(月)
太陽燦燦の中、国際貿易コース2年生を対象に

さいたま造幣局・スーパーアリーナ見学

半日イベントを実施しました。


☆目   的☆彡
金融機関見学し、日本硬貨の造幣過程を見学し、
 プルーフ硬貨の製造過程などについて学びます。

東京オリンピックでバスケットボールのメイン会場と
なっているさいたまスーパーアリーナの見学を通して、
なぜ日本で一番イベント稼働率が高いのか体感する。


初めに「さいたま新都心駅」に集合しました。
2010年に開通された「さいたま新都心駅」は今まで学生達がイメージしていた地方都市のイメージと違うことを体感しました。




さいたま新都心駅から10分ほど歩き「造幣局」埼玉支局で見学です。
造幣局では、初めにビデオ学習を通して貨幣の歴史や造幣局の事業紹介を学びました。
その後工場見学では、職人たちが一つ一つ丁寧に手間をかけ作られているプルーフ硬貨の製造過程を見ることができ、学生たちは繊細な技に感動を受けました。









博物館ではビデオ学習や工場見学で見た造幣局で製造される実物の硬貨やメダル・勲章が飾ってあり、より日本の硬貨の製造技術の高さを実感しました。
そして外国の通貨を日本で受注生産しているという事実にとても驚きを感じました。








造幣局埼玉支局の見学を終え、さいたまスーパーアリーナ見学をしました。
なぜさいたまスーパーアリーナが日本で一番稼働率が高いかを実際に目で見て、そして体で感じることができました。