東京国際ビジネスカレッジ公式ウェブサイト

学校説明会・資料請求

2018年10月15日月曜日

Management & Business English インバウンド観光特別講義

September 27th two special guests were invited to give a special lecture about Japan’s Inbound Tourism. Students in Management & Business English course have just finished the project of writing their own travel book, which could encourage more tourists from abroad to explore recommended places in Tokyo. The idea was taken from the actual travel guide “Japan – 100 Hidden Towns” in which 100 off-the-beaten-track places from the country’s 47 prefectures, excluding cities such as Tokyo, Osaka, and Kyoto that have already been packed with tourists, were selected and reviewed by a team of researchers. The book focuses on the eyes of foreigners, aiming to help tourists discover a deeper culture of Japan.

9月27日、主にManagement & Business Englishコースの学生を対象にした特別講義を実施しました。日本在住のイギリス人、授業でも取り扱った旅行ガイドブックの著者であるアントニーガードナー氏と書籍デザイナー、ブライアンスミス氏を招いての英語での講義となりました。

Both Anthony Gardner, the author/editor of the book, and Brian Smith, the designer, have actually travelled to many towns for this book project as researchers themselves.

They told us about the unique experience of travelling hidden towns, challenges that they had to overcome as foreigners, and interesting process of publishing a book. The students had the time to discuss their views of living in Japan as foreigners. They also had the topic of how to promote “Japan – 100 Hidden Towns” and the some of the ideas were quite innovative.

田舎の町や村を訪ねたユニークな体験や外国人ならではのエピソード、また調査から書籍の出版までの道のりなど、とても興味深い話をきくことができました。グループディスカッションではガイドブックのマーケティング戦略などの話し合いもあり、面白いアイデアがたくさん出ていました。

Students were attentive and engaged with the lectures the whole time,
especially those who are planning to work in hospitality / tourism industry.

どの学生も講義を楽しんでいるようでした。特にホスピタリティや観光業界での就職を考えている学生にとっては学ぶことが多かったと思います。









2018年10月12日金曜日

国際貿易・Management & Business Englishコース 進路対策合宿

10月10~11日の2日間で、国際貿易コース、Management & Business Englishコースを対象にした進路対策合宿が長野県にある白樺リゾートにある池の平ホテルにて実施されました。 
両コース併せて300人を超える学生が参加しました。目標はシンプル、就職活動を成功させること! 

バスでの移動中、初めての宿泊イベントに緊張と興奮が入り混じった様子の学生たち。早速、時間厳守の重要さについて学びました。 


初日、目的地へ到着してすぐのアクティビティは山登り。クラスごとにお互い助け合いながら登ります。決して楽とは言えない道のりですが、チャレンジ精神と仲間同士のチームワークを発揮して山頂を目指しました。





標高が高くなるにつれて気温が下がり、更にはあいにくの雨。そんな状況でも笑顔で登り切りました。目的を達成できたときの笑顔は格別ですね。 


ホテルに戻り、合宿の主旨や目的を確認します。時間厳守、団体行動、チームワーク、ホスピタリティなど基本的な心得から、就職活動の流れ、履歴書や送付状の書き方などの具体的な指導もあります。



まずは基本となる挨拶から。お辞儀の角度や声の大きさを全員で確認。山登りの疲れが残るなか、大きな声で気合いを入れ直します。 





何名かの学生がお手本となり、良い挨拶の印象などについても話し合いました。

そして、楽しみにしていたビュッフェスタイルの夜ご飯。コースも国籍も違う学生がグループを組み、マナーを守って楽しく食事をします。この時ばかりはみんなリラックスした様子で、好きなものを好きなだけ食べ、グループメンバーとの会話を楽しんでいました。 




夕食後も続く就職対策セミナー。今度は就職組、進学組など、進路別に分かれての受講です。 
また希望者へ特別開催された簿記ゼミは、夜中の2時まで(!)続き、本気の学生達が寝る時間も惜しんで勉学に励んでいました。



翌日は朝6時からラジオ体操で爽やかにスタート。前夜遅くまで講義を受けていたにも関わらず、ほとんどの学生が時間を守って集合できました。ラジオ体操という日本の文化を体で体験する良い機会だったのではと思います。
 




そしてグループでの朝食後、最後の講義です。 

グループごとに分かれた面接練習では、期待される姿勢や受答えなど、先生方にフィードバックを戴きながら実践的に学びました。 





また総括として、この2日で自分がどう変わったのかを自己分析し、今後、就職活動を成功させるためにどう変わっていくべきかの課題を全員で確認しました。 

それぞれ感じることがあったかと思います。自分で気づき、自分で変わることができる学生が成功に近づけるのだと思います。 まずは合宿お疲れ様でした。そして成功に向かってチャレンジし続けよう!